企画営業とは

苦肉 の策


企画営業という言葉を耳にしますが、
営業と企画営業はどのように違うのでしょうか。


企画営業とは、1990年 代には
アカウントプランナーとも呼ばれていました。



営業は、自社の商品やサービスをひたすら
売り歩くことが仕事ですが、企画営業は、
自社の商品やサービス を活かして企画を立案し、
顧客や見込み客に提案していく仕事です。



ルート営業は、企画営業の仕事とは異なっていて
一般に言う営業とは、ルート営業だった り、
新規開拓営業だったりします。



企画営業とは、ある意味、職種の理由づけであり、
な かなか集まらない社員募集のイメージアップの
た めのネーミング、苦肉 の策とも言えます。


企画営業と言う響きの良さで社員集めをしているようです。



営業職の企画営業とか営業とか新規開拓営業とか
いう呼び方は、会社によって異 なります。



例えば、医者や看護師などは、
決まった資格保有者のことしか言いませんが、会社が
「これは企画営業だ」と言えば、傍から見たらただの
新規開拓営 業でも企画営業となることもあります。



私も、広告の企画営業をしていたことがありますが、
契約もしてない単なる見込み客に自分が作成したプランを
提案しま くっていました。


これが私の業界で言う企画営業でした。


結局は、自分が入りたい会社の独自のスタイルが
あると思いますので、調べたり 面接で聞くなどの方法 から
しか知れないと思います。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較