個人宅の飛び込み営業

激戦


個人宅の飛び込み営業は、トップセールスマンの場合で
40〜50軒の訪問で1件の契 約の割合なそうで す。



そう考えると、新卒などで初めて
飛び込み営業に回る場合は、もっと可能性は低くなります。


当然のことなんですが、1回目の訪問で
契約を取れることって ほとんどありません。


1回目の訪問から契約をもらおうとしても逆効果です。

およそ5〜7回目の訪問で契約に至ることがほとんどです。



まず、1回目の訪問で は、
自分はどんな会社から来てどんなものを
売っているのかを軽く紹介する 程度にとどめます。



話を聞いてもらえない場合も多いと思いますので、
「もしよかっ たらパンフレットだけでも置かせて頂けませんか?」
と頼みます。



OKがもらえたら、玄関の新聞受けか郵便ポストに
パンフレットなどの資料と名刺をセットに したものを
置いて帰ります。


数日経ったら再度訪問して、
資料を見てもらえたか聞いてみます。


ところで、飛び込み営業をするなら、田舎より
密集地が良く、中 でもマンションなどの集合住宅が
効率良く回れます。



反面、集合住宅は、効率が良いのを
どの営業マンも知っているため激戦で す。


自分の個性や上手いトークを 心がけないと
なかなか売れないでしょう。


5〜7回で契約が取れることが多いのですから、
5〜7回でどのように話を展開させていくか
シュミレーションしても 良いでしょう。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較