接待営業のトーク

あなたに好感を持つ


接待営業のトークは、接待されるお客様が
どんなタイプか分かっていれば、簡単です


たいていの場合は、
営 業マンが下手に出るのが主流でしょう。


基本的にお客様を立てる話し方が 良いです。



特にお客様が役職についている方の場合、
反論されると面白くないと思う方 も多いです。


営業マンは、自分をへりくだって謙遜をし、
お客様が言うことによく耳を傾けて気分を良くして
話をどんどん引き出すこ とです。



時々、本音を言っ て欲しい、褒めてばかりの営業マンは
信用できないと思うお客様もいるでしょうが、
それはごく一部だと思います。


褒められたことを「誇張して褒めてるな」と
仮に感じたとしても、褒められたことを悪く思う人はいません。


心のどこかではあ なたに好感を持つはずです。



お相手を褒める際に、褒めよう、褒めようと
過度 に思い過ぎてぎこちなくなってはいけませんので、
接待する側のあなたは、リラックスを心がけるのですが、
相手や周りの会話に気を配って常に集中するのが大 切です。


あからさまに褒めるというのもありですが、
会話の中でさりげなく褒めるという方法もありますね。



ご家族などの会話が出たら
奥様やお子様のことを褒 めても良いでしょう。


接待相手が社長さんなら、
会社の業績を褒めてもいいでしょう。



お客様に趣味があるのなら、
事前に少しリサーチしておくの も良いです。



接待営業のトークは基本的には、接待する側が下手に出ましょう。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較