高く売るための営業トーク

それでも契約してくれる


高く売るための営業トークとはどういうものでしょうか。


同じような商品を売っている営業マンは沢 山いて、
本気で購入を検討している見込み客は当然のように
「あいみつ」を取っている方も少なくありません。


結局、「値引きをしてくれるところに注文を出 す」
と言われてしまう場合もあります。



だから、ほうがいな定価を付け ていて値引きするのが
当たり前のスタイルを取っている業者の方が
ウケがいいときもあり ます。


逆に適正価格を最初からつけている会社は、
値引きをして安くしましたよという振りができません。



お客さんもよく熟知しているなら、本当はどちらがい いのか
見通せるのですが、そうでないお客さんも多いです。



高く売るための営業トークですが、お客さんが、
値引き交渉をしてきたとき、大げさに「え〜っ!」 とか
「またまたまた〜」などと「冗 談で言っているんだろうな」
というそぶりを 見せます。



そこで納得するお客さんもいますが、
「冗談では無いんだ値引きして 欲しい」と言った場合は、
即決せずに会社に電話をして上司に相談したり、
社に持ち帰って再訪するようにします。



そこで「上司に相談したんですけどだめでし た」と伝えると、
営業マンとお客さんの人間関係ができていた場合、
そ れでも契約してくれるお客さんも多いです。



逆にそこで他社に動く客は、価格に厳しく、
仮に契約をもらってもいつも値段を安く叩かれるケースが
ありますので、値引きにシビアでは無い良 客を自分で選ぶ位の
姿勢で活動した方が良いでしょう。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較