信頼してもらう営業トーク

相手を熟知


高い買い物でいいますと、車や住宅には、
営業の担当の人が購入する時の相談窓口になりますが、
こ の時に購入の決め手となるのが営業トークですよね?


この時に、商品の内容や特色などを、ただ淡々と話しているようでは、
お客の立場で見てしまうと『この人 は売る気がないのかな?』や
『やる気がないのかな?』と思ってしまい、購入意欲がなく なってしまいます。



逆に売るために、さりげない気遣いや目配り、
購入 する時に自分が得したなと思う ようなことを話したりすると、
つい買ってしまうんですよね。



これは企業の商談や取引にも同じようで、自分の目線だけで
話すだ けではなく、相手の目線に立っ て話すのです。



そして全体を見て目配せ、気遣いをみせ、
自分の方に興味を示してくれれば、ある程度は
信頼できる営業担当にな れます。



この時に、必ず相手の話をキッチリ聞くことが大事です!



実体験ではありますが、
結構人の話を聞かない営業の人もいます。



話を聞いていない人や、聞 いていても
言葉を飲み込めない人は信頼度が低く、
良い商品や取引でも、その価値が半減します。



なので、話すのが上手いだけではなく、
聞くのも上手い方が良 いですね。



その上で、共感できるところや 相手の性格を熟知できれば、
信頼できる営業トークもすんなりとできるのではないでしょうか。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較