絶好調の時の営業トーク

心に響きます


営業マンには、成績に波がある物で、
成績に応じて自分に自信を持つこともできます。


絶好調の時の営 業トークは、
成績不振な時とは違うでしょう。



まず、絶好調な時と言うのは、不 調な時に地道な積み重ねをしてこそ
数字が爆発する物で すが、業績が絶好調にな ると気持ちに余裕が生まれ、
「どうしても売らなければ」という下心が無くなり、自社の商品に
自信を持っているので、売り込まなくても簡単に売れて行きま す。



自信のある営業トークは、お客様の心に響き ます。



そして「あなたからなら買ってみたい」と自然に思ってくれます。


だから、売りつけることが無くても、 どんどん売れて行きます。



人間は、同性であろうと異性であろうと、どうせなら、
気に入った相手から商品を買いたいと思いますよね。


売れない営業マンと言う のは、どこか自信がなさそうで
「買おうと思っていたけど、なんとなくやめようと思った」
とお客様に思わせるのです。



私の話ですが、以前、購入する気満々で 家電量販店へ行ったとき、
話の流れで「まだ買わない方がいいのでは?」と担当者に言われました。


こちらは、購 入するつもりで行ったのにがっかりしました。



商売っ気たっぷり過ぎるのも問題ですが、
買う気のあるお客様に対して売る気の無い態度というのは
失礼な物だなと感じました。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較