AIDMA(アイドマ)の法則

消費者の行動に対応


AIDMA(アイドマ)の法則は、
A→Attention(注 目)、I→Intrest(興味)、D→Desire(欲望)、
M→Memory(記憶)、 A→Action(行動)の5ス テップの法則です。



アメリカのローランド・ホールが提唱した消費行動の
仮設であり、商売の基本な ので、物を売る営業などの仕事に
AIDMA(アイダマ)の 法則の考え方が使われています。



AIDMA(アイダマ)の法則は、安い物が良く売れ るのでは無い
高くてもたくさん売れるものもあれば、安い物でも
全く売 れないこともあると言っています。


消費者の心理プロセスは、広告に注目し、
注目した商品に興味を持ち、欲しいと考え、
記憶にとどめ、購入行動に至るプロセ スのことです。



今は、特にネット社会で欲しい 物を事前によく調べる
ということが当たり前になっているので、消費者の行動に
対応した営業マンの売り方が必要 になります。



AIDMA(アイダマ)の法則は、昔からの方法ですが、
インターネットが普及した今でも十分に使えます。



AIDMAの法則意外にAIDCA (アイドカ)の法則、
AIDAS(アイダス)の法則もあります。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較