身振り手振りと営業トーク

潜在意識にインパクト


営業マンが身振り手振りをするのは、
良くあることですし、良い営業マンは意 識せずとも
自然に身振 り手振りが出ている物です。


あまり大げさすぎる身振り手振りはよくありませんが、
自然に出てくるような身振り手振りは、一生懸命話をしている
と印象付けま すし、その身振り手振りでお客様の潜在意識 に
イ ンパクトを与えることになります。


営業トークは、日頃からインプットしている自社商品の情報を
相手に伝えよ うと必死になって、早口になることも多いです。



早口の営業をすると、場合によっては、
自 信が無いという印象を与えてしまうこともあります。


人間は、自信が 無いと、
早く言いたいことを伝えきってしまおうとします。



自信のなさが気持ちがお客様に伝わってしまい、
あまり芳しくない結果しか出ないこともあります。


ゆっくりめに話すことを 心がけましょう。


ゆったりと話すことで相手に対して
気持ちに余裕があることをイメージさせるとともに、
営業マンが話している内容を 相手にしっかりと
伝えることが出来ます。



ゆっくり話していた方が、合間にお客様が
言葉を入れることが出来ますが、早口で話すと、
お客様が入ってくる隙間が 無くてお客様の
言いたいと思っていることを引き出すことが出来ません。



身振り手振りを加えたりゆっくりと話すことは、営業のポイントです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較