売れない営業マンの営業トーク

ほとんどが趣味などの話


売れない営業マンの営業トークについて考えてみます。



売れる営業マンと売れない営業マンの トークは違います。


ひとつに売れない営業マンは、
ヒアリングスキルが低いと いうことが挙げられます。


お客様の現状をしっかり把握できないため、
浅い提案し かできず、商品を売ることができません。


的外れな提案書を書いて持参する位なら、
何も書かずに訪問時に適切な提案を
口頭で話している営業マンの方が成績が 良かったりします。



次に、アポイントを取る際に、しっかりと決裁者を
商談の場に呼ぶことが出来ていない場合もあります。


誰が決裁者なのかを最初のアポ取り や訪問の際に
しっかり把握できるように覚えておきましょう。



以上を踏まえて、自社のトップ営業マンは
どんな訪問をしてどんな会話をしているのかを考えま す。



同行が可能な職場なら、自分が目標としている
営業スタイルの営業マンに付いて回りトークを参考に
させてもらっても良いでしょう。


私の知っているトップ 営業マンは、
顧客との親密さを作るために仕事の話は
1割も無いと言います。


ほとんどが趣味などの話をして いるのだそうです。


仲 良くなれば仕事をもらえると 言っていました。



相手の懐に潜り込めれば成績が上がるそうですが、
真面目な相手には嫌がられる場合もありますので、
相手のタイプにもよるようです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較