営業トークと声の大きさ

理解を放棄する


営業マンの声 に押されて契約してしまった
という経験がある人も多いと思います。


そういった中で、自 身が営業マンとして
働いていくうえで、必要になる スキルというものを
お知らせしておきたいと思います。



営業トークをあまり大きな声でしゃべると、
不安感 や、不信感をあおってしまうため控えてい
るという人も多いと思います。


そういった人達は営業成績が悪いのではないでしょうか?



同じ事を説明しているのに、
成 果が出ないという人の特徴として
営業トークと声の大きさの問題が指摘されています。



一度でも自分の営業を録音して聞き直したことがある
という方であるな ら、すでに改善しているかと思いますが、
営業時はじめはハキハキしゃべっていても、
話がすすむにつれ、声が小さくなることで、
相 手も理解を放棄するという ことがいわれています。


無意味に芸人さんのように声を通す必要はないでしょうが、
少なくとも、いっていることがわかる程度には
ハキハキしゃべる必要があり ます。


前述したように、自身の営業の音声を録音する
ということは役立つことですから実践してください。



それに加えて、今話している部分を相手が理解してい るか
ということはきちんと把握する必要があります。


ついてきていないのであれば繰り返し
同部分を説明すべきですし、大切な部分です。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較