オーバートークを使った営業トーク

売ってナンボ


営業マンが販売に成功し、納品してから
ク レームになる原因のひとつにオーバートーク を
使った営業トークがあります。



オーバートークになると、大げさに商品の性能や仕様、
内容を説明してしまう傾向にありますが、多くの営業マンは、
オーバー トークを使った営業トークをしてしまいます。



典型的な例では、具体的な数字や数値を出さないで、
代わりに、すごいとかふつうと かの表現を多用することで す。



都合の良くない事を避け、
ひたすら商品を買ってもらうために、
オーバートークを使った営業トークを展開するのです。



基本的にオーバートークは、
固定客 相手やルートセールスの世界では
控えめな場合が多く、訪問販売の世界で
多用されるケースが多いようです。



もちろん、オーバートークを使った営業トークをし ないように
するのは簡単なことなのですが、営業の世界では
売っ てナンボなので、普通に商品を説明していては、
相手に買ってもらうことはできません。


そのた め、自然と、オーバートークを使った
営業トークを展開してしまうのです。


客側からオーバートークを見破る方法は、
営業マンとの話の最中にメモを取って見せ ることです。


そうすると、営業マンはオーバートークがやりにくくなります。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較