年代別の営業トーク

ガッチリと堅い固定客


年代別に営業トークを使い分けても良いでしょう。


普通は、営業マンは、意 識せずにもう、
年 代別の営業 トークを行っている場合が多いです。



無意識のうちにでも、相手の年齢層によって
話し方や話す内容を変えたりしています。


相手が同世代の場合は、話が合うこ とも多いでしょう。


仲良くなれば、趣味の話などをする場合もあります。


話が合えば、会社に対してというより、
営業マンに対しての気持ちが増して、
ガッ チリ と堅い固定客になります。



相手が年上の場合は、特によく話を聞いて、
人生の先輩として教えを乞う感じが一番良いでしょう。



相手が色々話してくれるように なったら、
どんどん担当者と仲良くなれますので、
仕事がもらえる可能性が上がります。



誰だって、気の合わない営業マンより
仲良くなった営業マンと仕事が し たいと思います。



相手が年下の場合は、
失礼にならないようにさりげなく、アドバイスしたり
するのも仲良くなればあり得ることだと思います。



相手が異性で年 上の場合は、
少し甘えた感じで話すと喜ばれることもあります。


相手のタイプをしっかり見抜かないと
上手くいきませんので注意が必要です。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較