お客様のタイプによって営業トークを変える

会話はキャッチボール


お客様のタイプによって営業トークを変えるのは、
重要なことです。


自分が営業側 であり、お相手が自社の商品を
購入してくださるお客様であることは第一に考えなくてはなりません。



まず、相手がどのような会話の スタイルを
望んでいるのか を察知しなくてはなりません。


初めて会話する相手なら手さぐりですが、
何度も話したことがあれば、どんな会話を求めている
お客様か分かっていると思います ので、営業トークを
コントロールし ましょう。



相手があまり自ら話題を作らないで営業マンの話を聞きたいのか、
それとも自分の話を聞いてほしいのか、
フレン ドリーに接して欲しいのか、
失礼の無いように距離を置いて話したいのかなど、
お客様に向き合っていれば自ずと見えてくるはずです。



普段の会話と共通してい るのは、
会話は基本的にはキャッチボー ルなのです。



もちろん、
相手がすごく自分の話を聞いて欲しいお客様なら
徹底して聞き役に回るのも有りです。



一番やっ てはいけないのは、お客様が本当は
喋りたいと思っているのに、営業マンがベラベラ喋って
お客様に話す隙を与えないことです。


言いたいことがあるのに、自分 の話ばかりだったり、
商品説明ばかりだったりしたら、お客様は離れてしまいます。



相手の気持ちを察する心がけさえあれば、
お客様のタイプによって営業トー クを変えるのは、
当然できますし、売 れる営業マンになるはずです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較