クレーマーを見分ける営業トーク

要注意


クレーマーには、大きく分ける と2種類あり、一つは、
営業マンや商品に問題があって、言い がかりでは無く、
本当の不具合の指摘を言う人です。


これは、営業マンや会社に問題があるので、
しっかり解決し、お詫びをする必要があります。



本当のクレー マーと言うのは、最初からクレームをいう目的
で商品を購入したり、本当は、自分が商品を壊したりしたのに
壊れていたと怒ったりしてみせる悪徳な場合を指し ます。



クレーマーを見分ける営業トークは、
商談中に重要なことを説明しようと思っても
あまり、聞く態度を取らない人です。


聞いていないのにもかかわらず、 後から
「説明されていない」とクレームを言いますので要注意です。



高圧的で見下した感じの人もクレーマーになり易いです。



営業マンを見下して文句を言って きます。


商談の最中にやたらといちゃもんをつけてくる人も要注意です。


言葉尻などをとって難癖をつけてきますので、
後々面倒なので契約を交わさな い方がよ いでしょう。


また、自分の要求が受け入れられないと分かると、
感情的になる人にも要注意で す。


気性の激しい人はあとからクレーマーになり易いです。


正しい クレームまでお客様のせいにして
クレーマーだということの無いように心がけましょう。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較