あいみつでの営業トーク

どんどん深みにはまって


お客様は、営業マンとのやり取りを
熟知しているケースが多く
「あいみつ」を取っていることも多い。


あいみつでの営業トークで一番やってはいけないことは、
他社の商品や他社の営業マンを誹 謗・中傷することです。



相手の悪口を言うことでしか、
自分を良く見 せることが出来ない
営業マンなんて相手にされません。


他人の悪口を言うということは、
お客様だって自 分もどこで何を言われているのか
分 かったものでは無い と感じます。



同時に、人の批判をしているという人間性が
自社の商品価値まで低くしてしまいます。



あいみつでの営業トークをする際には、
他社の ことを褒めながら、さらに自社の商品やサービスは
もっと優れているというアピールをするべきです。



あいみつで価格交渉をしてくるお客様も多いと思います。



金額に関しては、仮に決裁権を自分が持っていたとしても、
簡単に値引きしますとは言わない方が良いでしょう。


値引きをする営業マンだと思われると、
ど んど ん深みにはまって値引きばかりして
契 約を取るようになってしまいます。



値引きをするのがいい営業マンではありません。


お客様が本気で値引きを要求している のか、
それとも営業マンやサービスの質を重視しているのか
察知する能力が必要となります。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較