営業の応酬話法

信頼関係を築いていく


営業をうまくするための話術として、応酬話法があります。


応酬話法は、言葉から連想すると、
相手が断っているのに対して猛烈に反撃する
というようなイメージがあります。



しかし、そうではなく、
信頼関係を築くために会話を続 けるということです。



お客が断ってしまった場合ですが、
一旦「そうですか」と相手の反応を受け止めます。


そして、別の角度で話を続けてくというわけです。



応酬話法では、会話を続ける努力を続けるということで、
そのようにして信 頼関係を築いていくのです。



営業では、多くの場合その商品の良し悪しでなく、
営業のセールスマンへの信頼関係がポイントになります。


その信頼関係を築くためには、会話をする事が大事です。



営業の中での応酬話法は、
顧客の否定的な反応を一旦受け止めて、さらに、
自然な形での会話を続けるということで、技術が要ります。


応酬話法に使う技術は、日常生 活の中でマスターしていくものです。



自然な仕方で話が続いていくように
配慮を払うことができると、応酬話法が
出来ていることになります。



その日常でいつも使っている応酬話法を営業でも使うのがいいです。







トップセールス育成メール講座




▲このページの先頭へ


手数料比較